西里,河北

先人に学ぼう

古澤廣治

古澤廣治

古澤棟梁碑  天満古澤家民有地内

古澤棟梁碑

古澤廣治氏は、天満の高橋家に生まれ、古澤家に婿養子として入りました。
棟梁として、特に両所地区の家を数多く建てたそうです。
大変技術に優れた棟梁だったそうです。

明治31年5月12日に、両所地区内のほぼすべての家を焼く火事がありました。
両所大火です。

この頃、古澤棟梁は30代後半でした。
古澤棟梁が建てた家が両所に多いというのは、火災で焼けた家々を次々に建てていったということなのかもしれません。

古澤棟梁の4人の弟子が棟梁の還暦を祝って建てたのが、古澤棟梁碑です。
天満の治部橋寄り、天満を貫く通りの南側の古澤家の柿の木の近くに、石碑は建っています。
大正12年1月11日建立だそうです。

民家内に立つ碑ですので、参拝するときはくれぐれも失礼のないようにしてください。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional