西里,河北

先人に学ぼう

逸見惣吉

逸見惣吉

逸見翁之墓(報徳碑) 下槙 逸見構墓地

逸見翁之墓(報徳碑)

逸見惣吉氏は1805年(文化2年)8月28日に下槙逸見家の総本家に生まれました。

逸見惣吉氏は、幼い頃から勉強に熱心で、中国の古代の聖人や賢人の教えや、歴史にたいへんくわしかったそうです。
また、逸見惣吉氏が持っていた本は数千巻にもおよんだそうです。

逸見惣吉氏は自宅で寺子屋を開き、逸見惣吉氏の指導をうけた人の数は数百人にも及ぶそうです。
逸見惣吉氏の授業はうける人を飽きさせなかったともいわれています。

逸見惣吉氏は1885年(明治18年)8月6日にこの世をさりました。
西里小学校の元になった学校を開いた逸見魯齋氏よりも一世代前の人といえます。

逸見翁之墓(報徳碑)は逸見惣吉氏の教えを受けた人たちが逸見惣吉氏の恩に報いるため、建立しました。
下槙地区内のT字路を簡易郵便局の方にしばらく進んだところの左手、民家の奥に逸見家の方々のお墓があり、その一隅に逸見翁之墓があります。

民有地内にある墓地ですので、まわりの家々の迷惑にならないように参拝してください。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional